M&Aのメリットを知り悠々自適なマンション経営|老後も安泰

不安なく経営

積み木とお金

煩雑さ

所有する土地を有効活用するためにアパート経営に乗り出す地主が少なくありませんが、素人がアパート経営のような不動産投資を行うことは簡単ではありません。最近ではハウスメーカーなどが建築から経営までを手伝ってくれるため、簡単にアパート経営ができるイメージがありますが、ハウスメーカーも損をするつもりはありませんので、リスクは最終的には地主が追うことになります。素人のアパート経営では、どうしても無駄に投資を続けることがあります。そのような素人的な失敗を回避するために、サブリースという方法があります。サブリースは簡単に言えばアパートのまた貸しです。不動産会社と一括借り上げ契約を締結することにより、アパート経営のすべてを任せることができます。

手数料が必要です

アパート経営は比較的リスクが少ない投資と言われていますので、経営自体は面倒ですが、メリットは少なくありません。アパート経営のすべてをサブリース先の不動産会社に任せることは、結果としては収入が減ることになります。当然、不動産会社はサブリースされた物件をさらに賃貸人に貸すことになりますので、そこで利益が生じるようにアパートの持ち主からは一定の手数料を取ることになります。一般的に本来得るべき収入が2割程度は減ってしまうと言われています。その分だけ空室が生じた場合でもサブリース契約に伴う収入は減りません。実際にサブリースを行う場合には、手数料を差し引いたうえで、建築費用などの借入金の返済が可能かどうか検討することが重要です。